-紫香楽物語- 飯碗/oribe

4,000円(税込4,400円)

在庫状況  2 客

サイズ
購入数

Information

商品について

紫香楽物語シリーズから、織部釉・飯碗になります。

落ち着きのある優しいグリーンが好印象。

昭和初期、全国に流通した信楽の「火鉢」に施された「海鼠釉(なまこゆう)」の下地薬に着目し、研究を重ねた結果、国内12番目の織部スタイルが誕生しました。

眩い艶感の中にも、確かに感じる土の温もり。

外観だけではなく、細部にまでこだわって作られたシリーズをお楽しみください。

作家名 谷寛窯  谷井芳山
サイズ (M)直径:およそ11.5cm
高さ:およそ7.0cm
(S)直径:およそ10.5cm
高さ:およそ6.5cm
材質 信楽焼 陶器
使用 電子レンジ:お控えください。
食洗器:お控えください。
食器乾燥機:可能です。
目止め:目止め済です。ご安心ください。
備考 こちらはサイズ展開がございます。
一般的な食器用洗剤をご使用できます。
ご使用後はなるべく早めに洗っていただき、乾燥させていただく事がオススメです。(自然乾燥、乾燥機どちらでも大丈夫です)

土へのこだわり

陶器を焼く際に、特に重要となるのがやはり「土」

同じ釉薬を施しても、土が変わるとその雰囲気は大きく変化します。紫香楽物語シリーズでは、初代より受け継ぐ貴重な昭和初期の原土と、自分たちで採掘してきた現在の原土をオリジナルブレンドして使用しています。

それにより、信楽焼き特有の深い味わいが期待できます。

●同じく織部釉の器は他にもございます。ぜひご覧ください。(順次追加です)