紫香楽物語ーなまこ釉冷酒注器

6,000円(税込6,480円)

在庫状況  3

■サイズ

口径:およそ9.3
高さ:およそ9.7
容量:およそ:200cc(七分目まで入れた場合)

■質感

つるっとしている。



外観の釉薬は海鼠釉(なまこゆう)と言うもので、明治時代には信楽焼を代表する火鉢に使われていた釉薬です。
単色ではなく他の釉薬を重ね掛けすることにより、濃淡で深みのある群青色に焼き上がりました。
手作りならではの優しいフォルムと、上品な雰囲気を醸し出しています。

さらに内側には、非常にキメの細かい粘土を泥状にしたものを掛けることにより、お酒をより美味しく
感じて頂ける効果が期待でき、注ぎ口は丁寧な手作りにより、液だれしないように仕上げています。

是非お好みのお酒を入れてお楽しみ下さい。